症状

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の化学物質について、肝臓が持っている解毒酵素自体の生成活動を促しているかもしれないという事が明らかになってきました。
学校・幼稚園などの集団行動をする際に、花粉症の症状のせいでクラスメイトと集まってめいっぱい走り回れないのは、本人にとっても悲しい事でしょう。
世界保健機関は、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎは皮膚にトラブルを誘引するとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を先進国に勧めている最中です。
子供の耳管の仕組みは、大人と比較して太くて短めの形で、且つ水平に近いため、黴菌が潜り込みやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、この作りが関係しています。
体脂肪量(somatic fat volume)には変動が見られないのに、体重が食物摂取や排尿などにより短時間で増減するような時には、体重が増加すると体脂肪率は低下し、体重が減ったら体脂肪率が上がることがわかっています。
70代以上のお年寄りや慢性的な病のある人などは、殊更肺炎に弱く治療が長引く特徴があるので、予め予防する意識や迅速な処置が肝要です。
AEDというのは医療資格を保有しない方にも使用する事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの指示通りに利用することで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効果を患者に与えます。
明るくない所だと光不足のためものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに余分なパワーが利用され、結果的に光の入る場所でモノを眺めるよりも疲れやすくなるのです。
最大の臓器である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとする色々な疾患の合併症の誘因となるかもしれないのです。
生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが非常に深く関わっており、前立腺に発現してしまったがんも同様に、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの作用で大きく成長します。
常在細菌のブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒素の強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒素が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が存在します。
下が90以上の高血圧が長く続くと、血管に重いダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまで様々な場所の血管に障害が巻き起こって、合併症を誘引する蓋然性が大きくなるのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体の中の脂肪が占有している比重のことを言い、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算で表すことができます。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、山の杉や檜、松、ブタクサなどの草木の花粉が元凶となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を発症させる病気として広く認識されています。
亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に作用する特別な酵素や、細胞や組織の再生に関わる酵素など、約200種類以上もの酵素の構成要素として絶対に欠かせないミネラル分だといわれています。