直腸ガン

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータでは、体の大きな成人よりも体の小さい子供のほうが分散した放射能の有害なダメージをよく受けることがわかっているのです。
塩分と脂肪の大量摂取を中止して無理しない程度の運動をおこなうだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を事前に防ぐポイントなのです。
ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2〜3カップのデカフェコーヒーに変えることで、驚くことに直腸ガン発病リスクを半分以上は減少させることができたらしい。
「いつも時間がない」「無駄なお付き合いが嫌でたまらない」「技術やインフォメーションのハイレベルな進化に追いつけない」など、ストレスが蓄積される元凶は人によって異なります。
音楽会やライブなどの開催場所やクラブハウスなどに据えられている特別仕様の大型スピーカーの真横で大音量を聞いて耳が聞こえにくくなることを「ロック外傷」と言うのです。
人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別されますが、この中耳の辺りに細菌やウィルスがうつって炎症ができたり、体液が溜まる病気を中耳炎と称しているのです。
30〜39才までの間に更年期になったとすれば、医学的に表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という疾患のことを指します(この国においては40才未満の女の人が閉経するケースを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と称しています)。
肝臓を健康にキープするには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにする、要するに肝臓を老けさせない対策に地道に取り組むことが有効です。
緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩こり、首の凝り、張りによる最も一般的な慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「重いような耐え難い痛さ」と言い表される症状が特徴です。
内臓脂肪過多の肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2〜3項目に合致するような様子を、内臓脂肪症候群と称しています。
世界保健機関は、人体に有害なUV-Aの極度の浴び過ぎが皮膚の病気を起こすとして、19歳未満が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を主に先進国に勧めています。
気分障害のうつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい倦怠感、食欲低下、体重減少強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が現れるのです。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬と称し、かびの仲間である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの場所に何らかの理由で感染し、定着する病気のことで水虫のことなのです。
AEDというのは医療資格を保持しない普通の人にも扱える医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順に従っておこなうことで、心臓の心室細動に対する絶大な治療効果をいかんなく発揮します。
最大の臓器である肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、肝硬変といった多種多様な合併症の因子となる可能性があることをご存知でしょうか。