ポイント

老人や慢性病を持っている人は、より肺炎に罹りやすく治療が長引く傾向が見られるため、予防策の徹底や早め早めの治療が必要です。
素人が外から眺めただけでは骨が折れているのかどうか自信がない場合は、怪我をしてしまった所にある骨を弱い力で圧してみてください。そのポイントに強烈な痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
バイ菌やウィルスなど病気を齎す病原体(微生物)が肺の中に進入して発症してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を見せている様子を「肺炎」と断定しています。
薬、酒に含まれるアルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物などの成分を分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、肝臓の担う代表的な役割分担のひとつだということは間違いありません。
肝臓を健康にキープするには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにする、分かりやすく言えば、肝臓を老けさせない対策を開始することが効果的だと思われます。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、精神的なストレス、高齢化など多様な素因が組み合わさると、インスリン分泌が減ったり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病するのです。
栄養バランスの優れた食生活や運動は言わずもがな、心身両面の健康や美を目的とし、サブに数種類のサプリメントを服用する事がまったく珍しくなくなったそうです。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとしたありとあらゆる健康障害の合併症の原因となる可能性があることをご存知でしょうか。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保持していない一般の人でも扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに従って扱うことで、心臓が細かく震える心室細動の処置の効果を与えます。
肥満の状態というのは当たり前のことながら食生活の内容や運動不足などが誘因ですが、内容量の変わらないごはんであったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」を続けていれば肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。
「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の数値で分かりますが、特にここ数年肝機能が衰退している人がだんだん増えているということが分かっています。
子供の耳管の作りは、大人に比べると幅が広くて短くなっており、しかも水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎を発症しやすいのは、このためだと言われています。
吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血する状態で、吐血とは無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する症状を言い表しているのです。
V.B6には、あのアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路へ取り込ませるため、一層化学分解するのをサポートする機能もあるのです。
塩分や脂肪分の大量摂取は控えて簡単な運動に励むだけでなく、ストレスを溜めすぎないような生活を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を防ぐ方法です。