ストレス

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、元来、人間の身体をガンから保護する働きをする物質を産出するための型である遺伝子の異常により発生してしまう病気だというのは周知の事実です。
塩分と脂肪の摂り過ぎを控えた上で適切な運動をおこなうだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような毎日を心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を予め防止するコツだといえます。
脚気(かっけ)の症状としては、両手両足がジンジンと痺れたり下肢の浮腫みなどが標準で、発症から時間が経ってしまうと、悲しいかな、心不全を併発する可能性があるそうです。
急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う位で済みますが、細菌感染が原因の場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが特徴だといえます。
流感とも呼ばれるインフルエンザに適している予防術や治療法等の基礎的な対策というものは、それが季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでも一緒です。
耳の中の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分かれていますが、この中耳の辺りに様々な細菌やウィルスなどがうつって炎症になったり、体液が滞留する症状を中耳炎と称しています。
物を食べるという行動は、食べたいと感じた物をなんとなく口に入れたら何度か噛んで飲み込むだけに思われがちだが、その後人体は本当に健気に働き続けて異物を身体に取り込むよう努めている。
真正細菌のひとつである結核菌は、菌に感染した人が咳き込むことによって外気や内気の中に投げ出され、空中にフワフワ漂っているのを別の人が呼吸の際に吸い込むことによってどんどん感染します。
もう既に歯の表面を保護している骨を浸食するほど拡がってしまった歯周病は、悲しいことに炎症が和らぐことはあっても、無くなった骨が元通りに再建されることはまずないでしょう。
耳鳴りの種類には本人だけに感じられると言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンなどを使ってみると聞けるような「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
20代、30代で更年期が来たとすれば、医学用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患のことを指します(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経してしまうケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と定義しています)。
不整脈である期外収縮の場合、健康な人にも症状が現れることがあるので重大な病気ではないにしても、例外として発作が継続して起きるケースは危険だといえるでしょう。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛ぶ量に沿って悪化してしまうというデータがあるとのことです。
気分障害のうつ病は脳の中の神経伝達物質のセロトニンが不足し、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の深刻な症状が心身に現れるのです。
外から眺めただけでは骨折したのかどうか判別できない時は、負傷してしまった箇所の骨を注意しながら触れてみてください。そのポイントに激しい痛みを感じたら骨折しているかもしれません。